第19回 国クラブ縛りカップ大会レポートです!

みなさんこんにちは!

今日は、2月26日(日)に開催されました第19回国クラブ縛りカップの大会の模様をお伝えします!

今回の大会ルールはA~Dの予選グループの上位2名が決勝トーナメント進出。

下位2名はフレンドリーマッチトーナメントに出場となります。

 

予選ABリーグ結果

 

夢グループこと予選Aリーグは、りんね監督とハトスン監督が決勝トーナメント進出!

ハトスン監督は天童よしみさんのファンなんですね!コロンビア縛り舐めたらアッカ~ン♪

予選Bリーグはウエシー監督とオデンツンツン監督が決勝トーナメント進出です!

予選CDリーグ結果

予選CリーグはR監督とコラソン監督が決勝トーナメント進出

予選Dリーグはバカマイク監督とタカヒコ監督が決勝トーナメント進出です!

決勝トーナメント進出監督

りんね監督(戦力値1280イタリア縛り)

ハトスン監督(コロンビア縛り)

ウエシー監督(イングランド縛り)

オデンツンツン監督(ACミラン縛り)

R監督(リバプール縛り)

コラソン監督(PSV縛り)

バカマイク監督(ブラジル縛り)

タカヒコ監督(バイエルン縛り)

 

フレンドリーマッチトーナメント

決勝戦は

和風イタリアン監督のアトレティコ・マドリード縛りと

カッチャン監督のレアル・サラゴサ縛りの対決

スペイン国王杯になりました!

和風イタリアン監督は

チーム作りのコツなどを解説しながらのプレイ

FWコレアがパスミスした時は解説の途中であっても

語気を荒めてコレアを叱咤!リアルシメオネ!

カッチャン監督も

パスをなかなか出さない選手に

べらんめえ口調で叱咤!リアル松木安太郎!

笑顔の絶えない楽しい決勝戦となりました

 

第19回国クラブ縛りカップ決勝トーナメント

決勝戦

バイエルン縛り

タカヒコ監督

×

ACミラン縛り

オデンツンツン監督

 

ひと昔前のチャンピオンズリーグを彷彿とさせる決勝戦

カフーとシェフチェンコを中心に右サイドを攻めるACミラン

ロッベンとドゥグラス・コスタで両サイドを攻めるバイエルン

栄冠に輝くのはどちらのクラブか!?

【試合前半開始】

大方の予想に反し、序盤からバイエルンペースで試合は進みます。

足元でボールをキープすることがある逆サイドアタックですが

この日は素早くサイドチェンジを繰り返し

ACミランの中盤を翻弄します。

しかしバレージを中心としたDF陣が奮闘し

レバンドフスキを抑え込みます。

ミラン防戦一方の試合展開の中、スコアを0-0のまま前半を終了します。

【試合後半開始】

タカヒコ監督、疲れが見える白ロッベンに変えて白リベリーを投入

攻め手を緩めることなく攻め続けます。

オデンツンツン監督、我慢の展開が続きますが

慌てずにチャンスが来るのを待ちます。

後半24分

リベリーからボールを奪取したカフーがサイドスルーパス。

快足を生かしパスに追いついたシェフチェンコ!そのままクロスを上げる!

ファン・バステンがボレーで合わせてミラン先制!1-0!

残り時間が少なくなる中、意地でも追いつきたいバイエルンですが

ミランの守備網をあと一歩崩せずタイムアップ!

優勝は

オデンツンツン監督です!

バイエルンの怒涛のサイド攻撃を耐えてからのカウンターツンツンツーン

初出場で初優勝です!

おめでとうございます!

 

ここで次回、第20回国クラブ縛りカップの日程をお知らせいたします。

第20回 国クラブ縛りカップ

開催日時:3月26日(日)13:00~16:00

レギュレーション:国籍縛りorクラブ在籍縛りのU5R

※クラブ在籍は監督としてのみ在籍の選手は使用不可

※旧ユーゴスラビア選抜縛りのみ国籍縛りとして出場可

旧ユーゴ圏対象国

(スロベニア、クロアチア、ボスニアヘルツェゴビナ、セルビア、 モンテネグロ、マケドニア、コソボ)

参加費用:1000円(ビールorソフトドリンクのワンドリンク付)

参加定員:24名

※各大会24名以降はキャンセル枠での登録になります。

以上が開催概要になります。

参加を希望される方は、店員にお声がけしていただくか

遠方の方は電話での登録も可能です!

参加枠はまだ少しだけあります!

お気軽にご参加ください!

こだわりの縛りチームで遊ぶなら蹴球乃瀧で!

従業員一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております!

1件のコメント

コメントする

CAPTCHA