第18回 国クラブ縛りカップ大会レポートです!

みなさんこんにちは!

今日は、1月15日(日)に開催されました第18回国クラブ縛りカップの大会の模様をお伝えします!

今回の大会ルールは

A~Fの予選リーグの2位以上の12名+3位の中から勝ち点+総得点の上位4名

合計16名が決勝トーナメントへ進出となります。

 

それでは2017年最初の国クラブ縛りカップ開幕です!

 

予選リーグ結果

 

Aリーグ&Bリーグ

Cリーグ&Dリーグ

Eリーグ&Fリーグ

以上の結果となりました。

上位2名に勝ち点総得点上位4名を加えた16名の決勝トーナメント1回戦の組み合わせはこちらになります!

 

決勝トーナメントAブロック 1回戦

和風イタリアン監督(ボカ・ジュニアーズ縛り)×テレ・サンタァナ監督(サンパウロ縛り)

KAZOO監督(マンチェスターU縛り)×カッチャン監督(レアル・サラゴサ縛り)

マニューバ監督(ビジャレアル縛り)×HYT監督(リール・メトロポール縛り)

コラソン監督(ブラジル縛り)×ウエシー監督(インテル縛り)

 

決勝トーナメントBブロック1回戦

タカヒコ監督(ジロンダン・ボルドー縛り)×ユウセイ監督(インテル縛り)

バカマイク監督(サンパウロ縛り)×ノキア監督(ドイツ縛り)

chinmanpon監督(ラツィオ縛り)×PATO監督(スポルディング・リスボン縛り)

セリザワ監督(フランス縛り)×K監督(ジロンダン・ボルドー縛り)

 

厳選ピックアップ試合

決勝トーナメントAブロック1回戦

サンパウロ縛り
テレ・サンタァナ監督

×

ボカ・ジュニアーズ縛り
和風イタリアン監督

 

国クラブ縛りカップにてコパ・リベルダトーレスが実現!

「俺はこういうのがやりたかったんだよ!」

運命的な組み合わせに大興奮の和風イタリアン監督

対するテレ・サンタァナ監督も

「この試合は絶対勝ちたいです。」

と気合十分!

コパ・リベルダトーレスにおいて凌ぎを削ってきた南米の両雄

国クラブ縛りカップでの初対戦は、どちらに軍配が上がるのでしょうか!

 

試合開始

序盤は両者静かな立ち上がりでしたが

奪取力に優れた中盤を要するボカが徐々にボールを支配していきます。

前半30分

ボールを奪ったメデルが素早くサイドチェンジ

グアリンがドリブルで駆け上がりクロス!

マラドーナがダイレクトシュート!

ボカ先制! 1 – 0!

逆サイドアタックが見事にハマりボカ・ジュニアーズが先制します。

早く追いつきたいサンパウロ

しかし相手の激しいプレスの前に攻めきれず

ここで前半終了 ボカ 1 – 0 サンパウロ

 

ホイッスルが鳴った瞬間大きく息を吐きだす両者

良い形で前半を終えた和風イタリアン監督ですが

「全く油断できないですね。」

と後半戦に向けて気持ちを引き締めます。

対してテレ・サンタァナ監督は、まずは同点にしたいところです。

アモローゾ、ジュニーニョ・パウリスタに代えて

ミューレルとレオナルドを投入

果たしてこの策が吉と出るのか?後半キックオフです!

 

後半開始

攻撃KPをシャドーストライクからクロス重視に変え

右サイド攻撃を主体に攻めるサンパウロ

サイドスルーパスでカカにボールが渡りクロスが上がりますが

ミューレルのヘディングシュートをボカの守護神アボンダンシエリがガッチリキャッチ!

クロスに対して抜群の強さを誇るアボンダンシエリがサンパウロ攻撃陣の前に大きく立ちはだかります。

それでもテレ・サンタァナ監督は決して諦めずカフーとカカを中心に右サイドを攻め続けます。

後半32分

サイドスルーパスを完全フリーで受けたカカがクロス!

中央のミューレルがダイレクトボレー!

またもアボンダンシエリが抜群の反応で弾きます!

しかし諦めず詰めていたミューレルが押し込む!

サンパウロついに同点!1 – 1!

大熱戦になりました!コパ・リベルダトーレス!(※国クラブ縛りカップです。)

試合は90分では決着が着かず運命のPK戦へ!

2人目のグアリンが失敗したボカに対して、全員PK成功のサンパウロがこの激戦を制しました!

試合後はお互いに健闘を称えあうナイスゲームでした!

和風イタリアン監督(ボカ・ジュニアーズ) 0-0 テレ・サンタァナ監督(サンパウロ縛り)
                    PK
                   ( 4-5 )

 

決勝トーナメントAブロック結果

Aブロック決勝は

KAZOO監督が制し決勝戦へ進出です。

 

決勝トーナメントBブロック結果

Bブロック決勝は

ノキア監督が制し決勝戦へ進出です。

 

 

第18回 国クラブ縛りカップ決勝戦

 

マンチェスターU縛り

KAZOO監督

×

ドイツ縛り

ノキア監督

 

ついに決勝戦まで駒を進めた両監督!

このファイナルを制するのは果たしてどちらか!?

試合開始

前半から猛攻を仕掛けるドイツですが

マンU守護神ピーター・シュマイケルが好セーブ連発。

大きな壁としてドイツ攻撃陣に立ちはだかります。

前半40分

ボランチのラース・ベンダーが右サイドを駆け上がりクロスを上げる!

ミュラーがワントラップしてシュート!これが決まりドイツ先制!1-0!

シュマイケルの壁を壊す猛攻でドイツが先制し前半終了

 

後半開始

 

流れを変えたいマンチェスターU

後半8分

ウイングのアントニオ・バレンシアからアーリークロスが上がります!

クリスティアーノ・ロナウドがダイレクトシュート!マンU同点!1-1!

イチかバチかのアーリークロス采配が見事に決まりゲームを振り出しに戻します。

しかし同点直後、ドイツボールのキックオフ

ここを勝負所と見極めたノキア監督、ブースト発動!

後半19分

サイドを突破したラームからクロスが上がる!

ロイスがボレーシュート!ドイツ勝ち越し!2-1!

残り時間が少なくなる中、再び追いつきたいマンU

後半ロスタイム

相手ペナルティエリアから若干離れた位置でファウルを受け

KAZOO監督、祈る気持ちでブースト発動!FK蹴るのはポグバ!

ふわりと山なりのフリーキック、ボールがゴール前へ

クリスティアーノ・ロナウドがダイレクトシュート!マンU再び同点!2-2!

試合終了!決着はPK戦へ!

この激闘を制し、第18回国クラブ縛りカップを制したのは

 

KAZOO監督です!

KAZOO監督は悲願の初優勝!

やりきったぞ!という表情が非常に印象的でした!

本当におめでとうございます!

 

ここで次回、第19回国クラブ縛りカップの日程をお知らせいたします。

第19回 国クラブ縛りカップ

開催日時:2月26日(日)13:00~16:00

レギュレーション:国籍縛りorクラブ在籍縛りのU5R

※クラブ在籍は監督としてのみ在籍の選手は使用不可

※旧ユーゴスラビア選抜縛りのみ国籍縛りとして出場可

旧ユーゴ圏対象国

(スロベニア、クロアチア、ボスニアヘルツェゴビナ、セルビア、 モンテネグロ、マケドニア、コソボ)

参加費用:1000円(ビールorソフトドリンクのワンドリンク付)

参加定員:24名

※各大会24名以降はキャンセル枠での登録になります。

以上が開催概要になります。

参加を希望される方は、店員にお声がけしていただくか

遠方の方は電話での登録も可能です!

お気軽にご参加ください!

こだわりの縛りチームで遊ぶなら蹴球乃瀧で!

従業員一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております!

コメントする